ケンチク。

jun0826.exblog.jp
ブログトップ

タグ:セミナー・ワークショップ ( 4 ) タグの人気記事


2007年 11月 29日

国際シンポジウム二日目

f0101439_16352941.jpg
 UB市ゲル地区住民のライフスタイル、セルフビルド住宅と室内環境
加藤淳と石川祥平によるプレゼン。今年1月から3月にかけて行った調査をもとにした発表です。
f0101439_16363758.jpg
ウランバートル市ゲル地区の開発計画
UN HABITATのSh.ENKHTSETSEGさん。UN HABITATでは、ゲル地区を3つのエリアに分類し、開発する計画をしています。
f0101439_1637269.jpg
ウランバートル市都市開発の将来展望
JICAスタディチームの長山さん。ウランバートル市のマスタープランのプロジェクトを行っています。今年の6月、大規模な調査を行い、その結果とそれに基づく今後の展開などについての講演です。

最後にパネルディスカッション。
f0101439_16373526.jpg
パネリストは、日本人側は、櫛谷先生、長山さん。二人は講演も行っている。モンゴル人側は、今回のシンポジウムの共同の企画者であるプギーさん、一日目の講演者、エンフバヤルさんが組織するNGOのトヤさん。ファシリテイターは石川。石川をサポートする感じで私と同期隊員の林。
パネリストのそれぞれの立場が明確に分かれていて、具体的な議論が展開されました。石川のファシリテイター振りも好評でした。
最後にJICAモンゴル事務所の守屋所長の挨拶で、シンポジウムが終了しました。

今回のシンポジウムにより下記の点が明確となりました。
1.各団体の情報交換と知識の共有化
2.科学技術大学のイニシアティブによる特殊性
3.テーマを絞り込んだことによる建設的な議論
4.日本とゲル地区に関する研究やプロジェクトを行う意味

1.各団体の情報交換と知識の共有化
今までにゲル地区を含むウランバートル市全体の都市計画のセミナーやシンポジウムは開催されてきた。ゲル地区に限定することにより、より詳しく新しい情報、知識や認識を得ることが出来た。

2.科学技術大学のイニシアティブによる特殊性
学術機関である科学技術大学がイニシアティブをとることにより、ゲル地区の開発においての工学的なアプローチという特殊性が出た。

3.テーマを絞り込んだことによる建設的な議論
パネルディスカッションでは、“ゲル地区の中間エリアにおける住環境の改善について”と場所と内容を限定して議論が展開された。問題が多すぎるために散漫になりがちな各問題に対する意見や提案を、テーマを絞り込むことにより明確性が出て、建設的な議論が展開された。また中間エリアに場所を限定した理由は、モンゴル各地に見られるゲル地区と共通点が多いため、他地域でも汎用性があると考えられたためである。住環境改善という内容は、科学技術大学の特殊性を発揮し、より具体的な提案を引き出すためである。

4.日本とゲル地区に関する研究やプロジェクトを行う意味
日本では戦後、都市に集中して居住するようになり、現在のウランバートル市と似たような経験を積んできた。成功例も失敗例も豊富に持っているため、モンゴルの今後の発展にその知識や経験を一つの参考例として提案できる。もちろん日本の成功例をモンゴルにそのまま輸入しても成功はない。日本とモンゴル双方で考えていけば、より理想的な提案が出来るのではないか。今回の講演、パネルディスカッションを通して、その認識に至った。

以上の点は、講演やパネルディスカッション、またシンポジウムに出席したステークホルダーの感想をまとめたものです。
[PR]

by katojun0826 | 2007-11-29 16:39
2007年 11月 04日

国際シンポジウム一日目

10月18日と19日の二日間、シンポジウムを行いました。
テーマは、「ウランバートル市ゲル地区 住環境の改善について考える」です。

今回のシンポジウム開催のキッカケは、今年の1月から3月にかけて私たちが行ったゲル地区の住環境に関する調査です。その発表とさらなる展開を目的にシンポジウムを開催しました。

10月18日、初日は、講演が5つ。
f0101439_148457.jpg
“マスタープランの紹介と問題点・改善点などについて”(ウランバートル市14地区でゲル地区の住居をアパートへ変えるプロジェクトなど)
最初の講演は、都市建設省のナムジルマーさん。
f0101439_1493135.jpg
“ゲル地区における住居の暖房システムと大気汚染について”
科学技術大学環境学科の先生であり、同大学のBuilding Energy Efficiency Centerの所長、ムンフバヤルさん。
f0101439_14112728.jpg
“災害面からみたゲル地区の安全性について”
科学技術大学建設学科のゲレルツォルモン先生。
f0101439_1410537.jpg
“ゲル地区開発における住民のコミュニティ参加について”
アジア開発銀行のモンゴルでのプロジェクトを行っているHOUSING FINANCE PROJICET, ADBのエンフバヤルさん。彼女はNGOも組織し、精力的に活動を行っています。私たちの調査はこのNGOの協力を得て実施されました。
f0101439_14115971.jpg
“ウランバートルのゲル地区住民の意向と日常行動”~住環境の改善に向けて~
新潟大学の櫛谷先生。先生の研究室は3年前からゲル地区の調査を行っています。昨年、私が日本に戻ったとき、新潟大学主催のモンゴル関連のシンポジウムに参加したのが縁で、今年から科学技術大学のプレウ先生と共同で調査を行うようになりました。今回のシンポジウムも先生の参加の快諾を得てから具体的になってきました。

次回に二日目をアップします。
[PR]

by katojun0826 | 2007-11-04 14:16
2007年 03月 01日

セミナーを開催しました。

「集合住宅と住環境」というセミナーを開きました。
f0101439_18262241.jpg

同大学配属の日本人とモンゴル人の若い先生2人の計4人で行いました。
準備や段取りなどは、日本人2人で、講演を4人で行いました。
f0101439_18213644.jpg
   招待状

セミナー主催の申請、会場の段取り、紹介状の作成、紹介状配り、手伝いの手配や指導、加えて自分のプレゼン資料作成などやらなくてはいけない仕事量はとても多かったです。自分達で企画し、実行する大変さを身にしみて感じました。
ゲル地区調査、学校建設プロジェクトともタイミングがぶつかったので、2月はとてもあわただしい月でした。

セミナーのそれぞれの講演は、
・サスティナブル・デザイン
・ビルディング・クォリティ(モンゴル建築物の耐震性能について)
・日本における集合住宅の歩みと新しい提案
・ウランバートル市街地の拡張と住宅供給
私は3番目の「日本における集合住宅の歩みと新しい提案」を行いました。
セミナーを若い先生達だけで行うことは少ないようで、モンゴル人の先生にとっても良い経験になったようです。
f0014870_23121035.jpg
f0014870_17194994.jpg

f0014870_171128.jpg
講演に加え、学生の設計課題「ウランバートル市の集合住宅」を展示しました。
学生にとっても外部に見てもらう良い機会になったようです。

100人ほどのモンゴル人と日本人が出席し、途中テレビの取材も入り、盛況のうちに終わりました。
活動の中で大きな山を乗り越えたような達成感を持てた日でした。
[PR]

by katojun0826 | 2007-03-01 18:22 | モンゴル
2006年 05月 07日

ワークショップ(バス停)

f0014870_11533583.jpg先輩の日本人で、同じ大学に勤めている人がいます。
その人が、建築学科の学生を集めて、毎週土曜日に講義をしていました。
この日は、その講義のあとに、ワークショップを行い、私はその手伝いをすることになりました。

f0014870_11541744.jpgテーマは「バス停」です。

ウランバートルのバス停はこのような感じです。


f0014870_11551575.jpgまず最初に、先輩がバス停の外国の事例を講義形式で紹介し、その後にブレーンストーミングを行いました。
何人かのグループに分かれます。

f0014870_11565129.jpg自分たちで問題点を挙げ、発表します。
途中で、ウランバートルの写真を学生に見せました。
こちらでも、疑問や思ったことや、分からないことなど、学生に投げかけます。
こちらの投げかけた疑問や質問に、必ず誰かが答えます。
日本では、あまり見られない光景でした。
しかっかりと誰かしら自信をもって発言するからです。
社会経験のある学生も居たようです。
また、疑問を投げかけることによって、発言しなかった学生たちもバス停の問題点を認識してきた感じが見受けられました。
次にその問題点の解決策を考え、また発表します。
最後に、バス停のデザインを考え、プレゼンテーションします。

f0014870_11575357.jpgグループで考えるのも、個人で考えるのも自由にしました。
最後に優秀作品を決め、表彰しました。


モンゴル人は、「完成や期日に向けてのパワーがすごい反面、集中力がもたない」という話を耳にします。
しかし、その話とは異なって、講義から初めて5時間もの長い間、集中力を切らすことなく作業していました。
デザインばかりではなく、モンゴルの現状を踏まえた上で、バス停の建設の企画から、その運営に至るまで経済面を踏まえて考えた学生も居ました。
学生の真摯な考えや姿勢に、こちらの方こそ学ぶことが多かったワークショップでした。
今週の土曜日に私が講義をすることになりました。
その資料を今作成中です。
テスト前になるので、学生が何人集まるか分からないのですが、初めて学生の前で講義することになります。
[PR]

by katojun0826 | 2006-05-07 22:22 | モンゴル