ケンチク。

jun0826.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 14日

ウランバートルの衛星都市 バガヌール

ウランバートル市から東方面にあるバガヌール市へ行く。
e0113902_23143323.jpg
バガヌール市入り口。お決まりのオウォー。
ウランバートル市から車で2時間弱の距離にある。この市は、石炭の採掘で有名。街はコンパクトにまとまっていて暮らしやすそうだった。
e0113902_23153060.jpg
e0113902_2316525.jpg
街のメイン広場に面する社会主義時代の建物。シンプルで単純な幾何学で構成されている。
e0113902_23164855.jpg
e0113902_23171379.jpg
バガヌール市の寺院。
e0113902_23174837.jpg
ゲルの中でラマが占いをしていた。
e0113902_23183741.jpg
街中を悠々と散歩する牛。
e0113902_23192639.jpg
バガヌール市の炭鉱。炭鉱があることにより、市民の暮らしは比較的裕福との事。
e0113902_2320209.jpg
帰り道。今日はとても冷えた。木々も凍てついている。
e0113902_23213839.jpg
ウランバートル市とバガヌール市の中間にある巨大なチンギスハーン像。まだ工事中。この地域一体が公園のようになるとのこと。日本で言えば、郊外にある巨大な観音様のようなものか?チンギスハーンもモンゴル人にとって神様みたいなものだから大きければ大きいほど良いのだろう。少々馬鹿らしいが、夕日に照らされたあまりに巨大なチンギスハーン像を見て、「そんなに悪くもないかな」と思った。馬鹿馬鹿しい位の分かり安さには力強さがある、と感じた。モンゴル人にとって観光名所になることは間違いない。
e0113902_23221347.jpg
日が沈む直前の空と大地のコントラストが美しかった。
[PR]

by katojun0826 | 2007-12-14 16:27 | 旅行記
2007年 12月 11日

ウランバートル市 写真撮影ツアー

12月2日の日曜日に写真撮影ツアーを行いました。
と言っても、一日、知り合いのモンゴル人タクシーに頼んで、隊員数人とウランバートル市内の写真を撮って回っただけですが。「行きたいけど、普段はなかなか行けない所に行ってみたい」というような場所に行くのが目的です。

最初に行ったのがウランバートル北東のゲル地区ダールエヒ地区の北東側にあるゴミの埋立地。
e0113902_13342432.jpg
 土ぼこりと、臭いが酷い。ウランバートル市の現在のゴミ埋立地は、ウランバートル市の北東部にある。ここでは行政による投棄は行われていないが、不法投棄されているようだ。
通常、ゴミを投棄し、その上を土でカバーするとのこと。だが、見た限りゴミが散乱している。不法投棄もそうだが、一度掘り返して、金属類を採集していているのもゴミが散乱している原因だ。
e0113902_13353532.jpg
 数人で組合のようなものをつくり、重機を借りて掘り返している。重機のレンタル代や燃料代も、掘り起こした鉄類の金でペイ出来るらしい。中国の建設事情による鉄鋼類の不足のためだろう。事情に詳しい隊員に聞いてみると、やはり中国に輸出していると言っていた。
e0113902_13371837.jpg
 次に行ったのが、ダールエヒのさらに北東側にあるダムバダルジャーの日本人墓地。空が抜けるように蒼い。墓地の存在を知りながら、なかなか行く機会に恵まれなかった。近年、墓地は整備され、管理人も常駐している。冬季に来る日本人は少ない。管理人は墓地には似合わない陽気さで案内してくれた。人柄からくる陽気さなので、違和感を感じさせなかった。墓地が持つ独特の静謐さと重さを緩和してくれているようだった。
e0113902_13383274.jpg
 ダールエヒとダムダルジャー墓地の中間のゲル地区。
e0113902_13394217.jpg
 ウランバートル市を南西部から眺める。手前に見えるのは第3火力発電所。(写真をクリックすると多少大きく見れます)

次週はウランバートルの衛生都市、バガヌールへ行きます。
[PR]

by katojun0826 | 2007-12-11 23:36 | モンゴル