ケンチク。

jun0826.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

アマルバヤスガラント寺

ダルハンから車で約2時間半の距離にあるアマルバヤスガラント寺へ行きました。
ダルハンはモンゴルで3番目に大きな都市で、ウランバートル市から約200km北側にある工業都市です。
e0113902_1382059.jpg
かなり大規模な寺院。1737年に作られたらしいが、社会主義時代に取り壊され、39年前に再建されたとのこと。最盛期には1000人を超える僧侶がいたという。
e0113902_1392065.jpg
正面入り口の前にある壁。
e0113902_1395128.jpg
入ってすぐにある庭。
e0113902_13105319.jpg
ちょうど中心くらいにある大きい建物。
e0113902_13291878.jpg
エントランス前の庇部分の天井。色使いが独特である。
e0113902_13135421.jpg
内部。改修中で中に入れないため、窓からの撮影。
e0113902_13163487.jpg
配色にモスグリーンが使われた比較的落ち着いた色合いの内部。
e0113902_1319943.jpg
e0113902_13195040.jpg
内部と外部の光のコントラストは遊牧民のゲルに通じるものがある。モンゴルの強い日差しゆえだろうか?
e0113902_13202911.jpg
南北に205m、東西175mの壁に囲まれた敷地内には約30近い寺院や堂がある。建物と建物の間の先に垣間見える建物。塀、建物、庭の配置により様々なシーンが作られている。
e0113902_13211460.jpg
e0113902_13215140.jpg
一番北側にある大きな寺院。
e0113902_13223998.jpg
僧侶の住宅。敷地の東と西の両側にある。奥に行くにしたがって階位が上になる。一列に並んではなく、配置が微妙にズレている。ズレることによってパースペクティブなシーンとなっている。
e0113902_13231414.jpg
西側にある仏塔。蒼い空と、白い仏塔のコントラストが美しい。

個人的な感想として、ハラホリンのエルデネ・ゾーより良いと思いました。アクセスは少し大変だけど、もっと観光客が来ても良い場所だと思います。
[PR]

by katojun0826 | 2007-11-30 14:43 | モンゴル
2007年 11月 29日

国際シンポジウム二日目

f0101439_16352941.jpg
 UB市ゲル地区住民のライフスタイル、セルフビルド住宅と室内環境
加藤淳と石川祥平によるプレゼン。今年1月から3月にかけて行った調査をもとにした発表です。
f0101439_16363758.jpg
ウランバートル市ゲル地区の開発計画
UN HABITATのSh.ENKHTSETSEGさん。UN HABITATでは、ゲル地区を3つのエリアに分類し、開発する計画をしています。
f0101439_1637269.jpg
ウランバートル市都市開発の将来展望
JICAスタディチームの長山さん。ウランバートル市のマスタープランのプロジェクトを行っています。今年の6月、大規模な調査を行い、その結果とそれに基づく今後の展開などについての講演です。

最後にパネルディスカッション。
f0101439_16373526.jpg
パネリストは、日本人側は、櫛谷先生、長山さん。二人は講演も行っている。モンゴル人側は、今回のシンポジウムの共同の企画者であるプギーさん、一日目の講演者、エンフバヤルさんが組織するNGOのトヤさん。ファシリテイターは石川。石川をサポートする感じで私と同期隊員の林。
パネリストのそれぞれの立場が明確に分かれていて、具体的な議論が展開されました。石川のファシリテイター振りも好評でした。
最後にJICAモンゴル事務所の守屋所長の挨拶で、シンポジウムが終了しました。

今回のシンポジウムにより下記の点が明確となりました。
1.各団体の情報交換と知識の共有化
2.科学技術大学のイニシアティブによる特殊性
3.テーマを絞り込んだことによる建設的な議論
4.日本とゲル地区に関する研究やプロジェクトを行う意味

1.各団体の情報交換と知識の共有化
今までにゲル地区を含むウランバートル市全体の都市計画のセミナーやシンポジウムは開催されてきた。ゲル地区に限定することにより、より詳しく新しい情報、知識や認識を得ることが出来た。

2.科学技術大学のイニシアティブによる特殊性
学術機関である科学技術大学がイニシアティブをとることにより、ゲル地区の開発においての工学的なアプローチという特殊性が出た。

3.テーマを絞り込んだことによる建設的な議論
パネルディスカッションでは、“ゲル地区の中間エリアにおける住環境の改善について”と場所と内容を限定して議論が展開された。問題が多すぎるために散漫になりがちな各問題に対する意見や提案を、テーマを絞り込むことにより明確性が出て、建設的な議論が展開された。また中間エリアに場所を限定した理由は、モンゴル各地に見られるゲル地区と共通点が多いため、他地域でも汎用性があると考えられたためである。住環境改善という内容は、科学技術大学の特殊性を発揮し、より具体的な提案を引き出すためである。

4.日本とゲル地区に関する研究やプロジェクトを行う意味
日本では戦後、都市に集中して居住するようになり、現在のウランバートル市と似たような経験を積んできた。成功例も失敗例も豊富に持っているため、モンゴルの今後の発展にその知識や経験を一つの参考例として提案できる。もちろん日本の成功例をモンゴルにそのまま輸入しても成功はない。日本とモンゴル双方で考えていけば、より理想的な提案が出来るのではないか。今回の講演、パネルディスカッションを通して、その認識に至った。

以上の点は、講演やパネルディスカッション、またシンポジウムに出席したステークホルダーの感想をまとめたものです。
[PR]

by katojun0826 | 2007-11-29 16:39
2007年 11月 04日

国際シンポジウム一日目

10月18日と19日の二日間、シンポジウムを行いました。
テーマは、「ウランバートル市ゲル地区 住環境の改善について考える」です。

今回のシンポジウム開催のキッカケは、今年の1月から3月にかけて私たちが行ったゲル地区の住環境に関する調査です。その発表とさらなる展開を目的にシンポジウムを開催しました。

10月18日、初日は、講演が5つ。
f0101439_148457.jpg
“マスタープランの紹介と問題点・改善点などについて”(ウランバートル市14地区でゲル地区の住居をアパートへ変えるプロジェクトなど)
最初の講演は、都市建設省のナムジルマーさん。
f0101439_1493135.jpg
“ゲル地区における住居の暖房システムと大気汚染について”
科学技術大学環境学科の先生であり、同大学のBuilding Energy Efficiency Centerの所長、ムンフバヤルさん。
f0101439_14112728.jpg
“災害面からみたゲル地区の安全性について”
科学技術大学建設学科のゲレルツォルモン先生。
f0101439_1410537.jpg
“ゲル地区開発における住民のコミュニティ参加について”
アジア開発銀行のモンゴルでのプロジェクトを行っているHOUSING FINANCE PROJICET, ADBのエンフバヤルさん。彼女はNGOも組織し、精力的に活動を行っています。私たちの調査はこのNGOの協力を得て実施されました。
f0101439_14115971.jpg
“ウランバートルのゲル地区住民の意向と日常行動”~住環境の改善に向けて~
新潟大学の櫛谷先生。先生の研究室は3年前からゲル地区の調査を行っています。昨年、私が日本に戻ったとき、新潟大学主催のモンゴル関連のシンポジウムに参加したのが縁で、今年から科学技術大学のプレウ先生と共同で調査を行うようになりました。今回のシンポジウムも先生の参加の快諾を得てから具体的になってきました。

次回に二日目をアップします。
[PR]

by katojun0826 | 2007-11-04 14:16