ケンチク。

jun0826.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 2 )


2007年 01月 16日

日々の記録

最近、日記をつけるようになりました。
いつものように3日坊主になるかな、と思ったのですが、予想に反し続いているので、別ブログをつくりました。
内容はその日にした事、読んでいる本や観た映画の感想などです。
日記をつけようと思ったのは、ごくシンプルに日々思ったことや出来事を残しておきたいと思ったためです。
その時々の感じたことや考えていることって案外心に残らないような気がして…
なんでもないような出来事でも、時間が経ってからで読み返してみると、なにか発見があるかもって、自分で自分の過去に期待もしています。

題はちょっとカッコつけて
「蒼天滞在記 in Mongolia」 
http://mongolkato.exblog.jp/
です。

サイドメニューのエキサイトブログからもアクセスできるので、もしよかったら見てみてください。
[PR]

by katojun0826 | 2007-01-16 23:25 | その他
2006年 08月 30日

会えなくなるということ

8月の終わりに、ヤギをしめて解体するところまでを見ました。
ヤギをつかまえ、おもむろに殺すところを見て、正直ショックでした。
私の動揺を見て、モンゴル人が
「他の場所を見てきたらどうか」
とアドバイスをくれたのですが、なぜか最後まで見届けなくてはいけないような気がして、その場に残りました。
モンゴル人は、慣れた手つきで、ヤギを次々と無駄なく解体していきます。
解体途中、足を持っていてほしいと頼まれ、つかんでいました。
足は、先ほどまで生きていたのが信じられないくらい冷たく、何とも言えない感じでした。
内蔵を解体中、不覚にもさんざん飲まされていた馬乳酒が一気にこみ上げてきて醜態をさらしました。
体内に残った不快さと、モンゴルの強い日差しに攻められながら、今度はちょっと離れたところから見ていました。

新学期が始まり、夏休み中の同僚の死を知りました。
とても優秀な先生でした。わたしと同い年です。
その事実を初めて聞いたとき、彼の寂しそうなやさしい笑顔と、ヤギの命が消えていく瞬間の映像が、重なりました。

モンゴルでも日本でも、知り合ってから一生会わない人はたくさんいると思います。でも会おうと努力すれば会える人との別れと違い、会おうとしても絶対に会えない人との別れの辛さを、痛切に感じました。

その人の死とは裏腹に、今私はモンゴルに来てから一番の活気の中に身を置いています。物事が急速に変化して、自分の思い描いていた活動に近いカタチになりそうです。土日も平日の夜も、その準備に追われ、とても充実した時間を過ごしています。

精一杯活動して、彼の好きだったモンゴルのほんの少しでも役に立てればと思っています。
[PR]

by katojun0826 | 2006-08-30 22:35 | その他