ケンチク。

jun0826.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 14日

ウランバートルの衛星都市 バガヌール

ウランバートル市から東方面にあるバガヌール市へ行く。
e0113902_23143323.jpg
バガヌール市入り口。お決まりのオウォー。
ウランバートル市から車で2時間弱の距離にある。この市は、石炭の採掘で有名。街はコンパクトにまとまっていて暮らしやすそうだった。
e0113902_23153060.jpg
e0113902_2316525.jpg
街のメイン広場に面する社会主義時代の建物。シンプルで単純な幾何学で構成されている。
e0113902_23164855.jpg
e0113902_23171379.jpg
バガヌール市の寺院。
e0113902_23174837.jpg
ゲルの中でラマが占いをしていた。
e0113902_23183741.jpg
街中を悠々と散歩する牛。
e0113902_23192639.jpg
バガヌール市の炭鉱。炭鉱があることにより、市民の暮らしは比較的裕福との事。
e0113902_2320209.jpg
帰り道。今日はとても冷えた。木々も凍てついている。
e0113902_23213839.jpg
ウランバートル市とバガヌール市の中間にある巨大なチンギスハーン像。まだ工事中。この地域一体が公園のようになるとのこと。日本で言えば、郊外にある巨大な観音様のようなものか?チンギスハーンもモンゴル人にとって神様みたいなものだから大きければ大きいほど良いのだろう。少々馬鹿らしいが、夕日に照らされたあまりに巨大なチンギスハーン像を見て、「そんなに悪くもないかな」と思った。馬鹿馬鹿しい位の分かり安さには力強さがある、と感じた。モンゴル人にとって観光名所になることは間違いない。
e0113902_23221347.jpg
日が沈む直前の空と大地のコントラストが美しかった。
[PR]

by katojun0826 | 2007-12-14 16:27 | 旅行記


     ウランバートル市 写真撮影ツアー >>