ケンチク。

jun0826.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 04日

ガンダン寺

f0101439_048657.jpgウランバートルにある一番大きな寺です。
同僚のモンゴル人と一緒に見学に行きました。
正門からガンダン寺の本殿が見えます。
街からのアプローチ→正門→本殿。北から南へのしっかりとした軸線上にそれらが配置されています。
ガンダン寺は北を背にして南に面して建っています。ゲルと同じです。
f0101439_0491526.jpg外装は2層目までレンガが積み上げられていて、その上が木造になっています。
ガンダン寺に来る人たちは、なんだかみんなウキウキとしています。
宗教施設という感じではなく、公園やテーマパークに行くようなノリに見えます。
f0101439_0503114.jpg思わず見上げてしまいます。
外国人のみ入場料が必要です。ちなみに2500トゥグルグ(約250円)です。
f0101439_0524644.jpg
中心が一階から最上階までの吹抜になっていて、巨大な仏像があります。
f0101439_0511782.jpg右側に見える円筒状のものを回しながら、仏像のまわりをぐるりと一周します。
多くの人が、なぜか楽しそうに回しています。
左側の外壁面にも小さな仏像が祀ってあり、参拝者は時々外側にもお祈りをします。
f0101439_0532821.jpgこの塀の内側がガンダン寺で、右側がゲル地区です。
塀の外のゲル地区は雑然とした感じで、塀の中のガンダン寺の敷地には確固とした基準と規律が存在します。
f0101439_054219.jpgガンダン寺はゲル地区に埋もれるように建っています。

明快な境界である塀が存在しますが、外から混沌としたゲル地区の中にそびえるガンダン寺をみるのは不思議な感じがします。
[PR]

by katojun0826 | 2006-06-04 01:27 | モンゴル


<< 丘の上でホーミーを奏でる青年      スカンセン3 >>